夢あたえ やさしさ与え 雲の上 1996.3

「原子の空へ」シリーズ
2000〜2010年

もとのもと  おおいなるもと  流れゆく

ささやかに  おりなす時に  夢のよう

たちのぼり  伝わっていく  けむりたち

変わっても  よりたくましく  おどるもの

形にも  見えないものにも  はてのはて

次々と  うごきまわって  かたまりに

生まれては  ひかりの中へ  とんでゆく

伝えていく  むかう先にも  たからかに

知らぬうち  ほのかにかおる  秘める夢

のぼる時  たかまる時が  夢の先

おおいなる  やわらかなる森  つつみこむ

あたたかに  先へのもとは  ふりそそぐ

いくあまた  明日へひろがる  ひかり達

いくらでも  次から次へと  のり越える

とうとうと  おおいなるもの  登ってゆ

めざすもの  戸惑いの中で  つかみとる

月刊JA表紙

新たなる  まなざし向ける  いにしえに
1996.1

ゆく先へ  おおしくたつ  波にたつ
1996.2

伝えていく  むかう先にも  たからかに
1996.3

さわやかに  はばたけ天に  あたらしき芽
1996.4

かかるとき  はずみをつけて  いどみこむ
1996.5

はかなさは  流れるままに  あずけて
も1996.6

たちこめた  うれいのなかに  身をゆだね
1996.7

先々へ  はなばなしくと  思いのたけ
1996.8

いさんでも  移りかわって  舞いあがる
1996.9

輝きも  はなつまわりに  あたたかく
1996.10

ゆれうごく  野望を谷へ  ときはなつ
1996.11

何もかも  あつき心の  ふところに
1996.12

top

「古代の空へ」シリーズ

時はるか  伝えるために  雲の上

ささやかに  おりなす時に  夢のよう

たちのぼり  伝わっていく  けむりたち

変わっても よりたくましく おどるもの

夢あたえ  やさしさ与え  雲の上

嵐にも  たえぬくちから  内に秘め

次々と  うごきまわって  かたまりに

嵐にも  たえぬくちから  内に秘め

生まれては  ひかりの中へ  とんでゆく

「古代」シリーズ

 

 

ころんでも  それでもおきる  もののふの今に伝えし  血の流れ

鳥居の中にあれこれと  思う心のうれしさを  誰が伝えし天の声